Loading

新着情報 News

年返済比率は分かったけど不安が・・・

住宅ローンを考える時、年返済比率は分かったけど、その住宅ローン支払っていけるか不安がいっぱい。そう思われるご家庭は、家計に少し問題があるかもしれません。でも心配は要りません。家計の問題点は、3つしかないのです。この3つを見直してもらえば住宅ローンも無理なく返済出来ますので安心して下さい。

家計の問題点

①浪費傾向の家庭

お金の貯め方がよく分かってないお家です。雑誌を見たり、セミナーに参加すると、脳が活性化され気合や根性でお金を貯めようとします。でもこれではお金は貯まりません。収入-貯蓄=支出 収入からまず貯蓄をし、その残りを全て使ってください。使い方は、家庭によって違います。雑誌でよく特集がありますが何にいくら使っているのか。特に食費は気になるかと思いますが、よそのお家と比べないでください。比べることによってストレスがたまります。お金のストレスは、お金でしか解決できません。

では、貯蓄をいくらすればいいかですが、しすぎても生活が苦しくなります。日本で老後を迎えるのであれば、年収の15%が目安です。只、貯蓄出来ない時もあります。それは、教育資金のピーク時です。その時は出来なくても大丈夫です。このように家計管理をすると、ストレスも貯めず、我慢することなく幸せな生活を送ることが出来るようになる数値目標になりますので、参考にしてください。

②車の買い方



車をディーラーのローンで購入されているお家です。そのローンは、アドオン方式の場合があるので、その場合は住宅ローンを組む金融機関で組み直しをしてください。

③生命保険の掛けすぎ、掛け間違いのお家



90%以上の人が、進められて保険に入っていたりします。保険会社は、色々あり得意分野と不得意分野があります。出来れば、ひとつの保険会社さんでまとめず、家族それぞれに必要な保険に加入されるほうが宜しいかと思います。それと、住宅ローンを組む時には、団体信用生命保険に加入することが多いです。従って、家を建てると決めたら生命保険の見直しは必要になります。

年返済比率での住宅ローン返済が、難しいと感じたご家庭は、この3つを見直してみてください。