Loading

新着情報 News

DIY ガラスを使ってオシャレ感UP♪

「木材以外のDIYをしてみたい」そんな方に紹介したい素材がガラスです。雑貨屋さんも商品のディスプレイに使っていて、小物が一層オシャレに見えますよね。とは言っても「ガラスを加工するのはなんだか難しそう」と思われている方が多いのではないでしょうか。そこで今回はガラスの切り方をご紹介しようと思います。想像以上に簡単にできますので、是非とも挑戦していただきたいと思います。

 

【準備するもの】

①ガラスカッター ②砥石(包丁を研ぐ時に使う石) ③軍手 ④定規(真っ直ぐな板など)





ガラスカッターは1本1000円程度で購入できます。上画像の左がオイルカッター、右がダイヤモンドカッターで、どちらかというとオイルカッターの方が使いやすいと思います。砥石がない場合は布のサンドペーパー(#100程度)で代用できます。





 

【ガラスの切り方】

①ガラスに目印のキズを入れる







ガラス板の上方と下方にガラスカッターでキズを付けます。上画像では30㎝のところに印を付けています。

②印に定規を当ててガラスに切れ目を入れる







印に合わせて定規を置き、ガラスカッターで切れ目を入れます。切れ目といっても0.(ゼロコンマ)数ミリですので、表面にキズが入った程度です。ガラスカッターを使う際に「ジジジィ~」とキズを付ける音がするのを確認して下さい。無音の場合は刃の当たる角度が悪く、切れ目が入っていない証拠です。ガラスカッターは垂直(90°)ではなく45°程度に傾けて使いましょう。

③テコの原理でガラスを割る





大きな板を切り出す場合は、上画像のように机の端にガラスを持っていき、少し持ち上げて軽く机に叩き付けると「パキンッ」と切れ目にそって綺麗に割れます。割れ目は鋭くなっていますので必ず軍手をして作業して下さい。





小さく切り出したい場合は、切れ目の近くをペンチでつかんで捻じるように割ります。ステンドグラスを作るような場合はこちらの方法です。

 

④面取りする









ガラスの切り口を砥石やサンドペーパーで削り、面取りをします。面取りすることで素手で触っても怪我をしなくなります。ガラスの角も忘れずに面取りしましょう。

 

⑤完成です



いかがでしょう?思ったよりも簡単ではないでしょうか。DIYもガラスを使うと一気にオシャレ感が演出できます。DIY好きな方は是非とも挑戦してみて下さい♪

 

【終わりに】

今回は画像で分かりやすいよう「カタガラス」を使いました。「透明ガラス」を使うとショーケースのような仕上がりになるので、用途に合わせて使い分けて下さい。ガラスは弊社の月1イベント「河市」(毎月第3土曜)の端材売りでも出しているので、宜しければお越しください(A4~A3サイズ程度、3枚100円です)。端材売りは端材の在庫状況によりあったりなかったりしますので、購入希望の方はホームページの「イベント」→「河市」より出店状況をご確認下さい。



( ↑ カタガラスの飾り棚です)



( ↑ 透明ガラスの飾り棚です)