Loading

新着情報 News

安心な住宅ローンの選び方

住宅は一生に何度もない大きな買い物です。そして人生設計において、「住宅資金」は、「教育資金」「老後資金」と合わせて、「人生の3大資金」ともいわれます。人生で大きなお金が必要となるのは、住宅取得時だけでないことを念頭において、計画的に住宅選び・住宅ローン選びをすることが大切になります。

では、住宅ローンの金利タイプの種類・メリット・デメリットをお伝えします。

固定金利タイプ・・・ 全期間固定金利型   借入たときの金利が全期間かわらないタイプ

メリット・・・借入時に返済期間全体の返済額が確定できる。借入後に市場金利が上昇しても返済額は増加しない。

デメリット・・・借入餅後に市場金利が低下しても返済額は減少しない。

変動金利タイプ・・・変動金利型  金融情勢の変化に伴い返済の途中でも定期的に金利が変動するタイプ

メリット・・・借入後に金利が低下すると返済額が減少する。

デメリット・・・借入後に金利が上昇すると返済額が増加する。借入時に将来の返済額が確定しないので、返済計画が立てにくい。借入後に金利が上昇した場合、未払い利息が発生する場合がある。

変動金利タイプ・・・固定金利期間選択型  当初○○年間○%など、一定期間に固定金利が適用されるタイプ

メリット・・・固定金利期間中は返済額を確定できる。固定金利期間終了後に金利が低下すると、返済額が減少する。

デメリット・・・固定金利期間終了後に金利が上昇すると、返済額が増加する。借入時に固定金利期間終了後の返済額が立てにくい。

「金利タイプ」を選ぶ際には、金利動向(上昇局面、下降局面)だけでなく、自分のライフプランにあった金利タイプを選ぶ必要があります。収入が減ったり、教育資金がかさんだりする場合など、家計収支の変化がある場合や金利上昇によるローン返済額の増加に対応できるかどうかにより、住宅ローンの「金利タイプ」の選び方は異なります。ライフプランによる金利タイプ選びの代表的なケースをお伝えします。

①お子様の成長に伴い教育費がかさむ場合・金利が上昇して返済金額が増えても共働きできず働き手が一人の場合→全期間固定金利型

②収入に余裕があるうちに早く返済したい場合→どの金利タイプでもOKです。

③金利が上昇して返済額が増えても返済出来る場合・短期間の低い金利で完済できる場合・金利の固定期間終了後に収入が増える見込みのある場合→固定金利期間選択型または変動金利型

金利の変動は、予想しにくいですが自分に合った金利タイプの住宅ローンを選ぶことが大切です。