Loading

新着情報 News

クロス(壁紙)を傷つけちゃいました・・・(泣)

今回は、定期点検で見かける「クロスの傷」と「ジョイントの開き」の補修方法についてご紹介致します。方法が分かれば難しくないですので、是非ご家庭で挑戦してみて下さい。

【はじめに】

よく見かける場所は壁の出隅(ですみ)と入隅(いりずみ)部分です。出隅とは、上写真のように壁の出っ張った部分をいいます。廊下などに出隅がある場合、無意識のうちに擦っていたり物をぶつけたりしてしまうものです。



入隅とは、上写真のような壁の隅のことをいいますが、ここで知っておいて頂きたいことがあります。弊社の施工物件では、入隅部分のクロスは巻き込んで折り返すのではなく、必ずカッターで切れ目を入れて内装用クロスコーキング剤で仕上げてあります。入隅部分に切れ目を入れず折り返してクロスを貼ってしまうと、建物の振動(風圧や車両の往来などによる)によって入隅でクロスがシワになったり破れたりして、張り替え以外に補修する方法が無くなってしまうためです。メンテナンスで簡単に補修できるよう細工がしてある点にご理解下さい。

 

【準備するもの】



ローラー、内装用コーキング剤、スポンジ、水を入れたバケツ



上写真ではホワイト色を使っていますが、黒や茶などの様々なバリエーションがあるのでクロスの色に応じて使って下さい。ホームセンターにも売っていますので、手軽に手に入ります。

 

【出隅の補修(クロスのめくれ)】



出隅を擦ってしまい、クロスがめくれ(破れ)てしまった場合の補修です。めくれたクロスはちぎって捨てずに、必ず残しておいて下さい。

 

①めくれたクロスをコーキング剤で貼り付ける

めくれたクロスのシワを伸ばし、コーキング剤で貼り付けます。







 

②ローラーで押さえる

ローラーでしっかり貼り付けて、はみ出した余分なコーキング剤をスポンジ等で水拭きして完成です。







 

【入隅の補修(ジョイントの開き)】



入隅でクロスのジョイントが開いた場合の補修です。再度上からコーキング剤を打って補修します。

 

①コーキング剤を増し打ちする

ここで大切な点は、コーキング剤のチューブの先端を30°~45°の角度で切っておくことです。90°(真っ直ぐ)に切ってしまうと上手に増し打ちできなくなってしまうので注意して下さい。





 

②余分なコーキング剤をスポンジ等で水拭きする

均等に増し打ちできなかったり曲がったりしてしまった場合は、スポンジ等で水拭きして余分なコーキング剤を拭き取って完成です。慣れてくるとスポンジを使わなくてもいいほど上手にできるようになります。「一発仕上げ」ができるようになれば、入隅1カ所あたり数秒で補修できるようになります。





 

【おわりに】

今回ご紹介させて頂いたように、意外と簡単に補修できますので是非ご家庭で挑戦してみて下さい。その他、クロスが大きく破れてしまったり壁に穴が開いてしまったりという場合にはお気軽にご相談下さい。(クロス張り替えの場合、メーカーの商品サイクルによって同じクロスが入手できない場合がありますのでご了承下さい)