Loading

新着情報 News

備えあれば

7月豪雨、猛暑、そして台風12号が東海地方に近づいていますね。予報では明日28日夕方から雨、風が強くなるそうですので、台風に対する早めの備えをされる事をお奨めいたします。私達建築会社でも台風前の確認事項がありますので、建築工事仕掛り、建築中、建物完成まじかといろいろな現場がありますが、主なものを簡単に紹介させていただきます。①建築工事看板や表示物がしっかりと固定されているか②足場の養生ネットの巻き上げ(最近は台風でも巻き上げしなくても良い養生ネットもあります)③足場の上や敷地周りに風で飛ぶ物がないか確認④仮設トイレの転倒防止の確認⑤外壁工事未完の場合は下地固定状況の確認(上棟したばかりの建物の場合、通常の雨養生でブルーシート等で建物を囲いますが台風接近時は近隣への被害防止の為シートで囲わない場合もあります。)⑥ベランダ排水口辺りの障害物やつまりがないか⑦戸締り、雨戸、シャッターの閉め確認等を行います。台風通過後は現地に出向き前記の内容等に異常や被害がないかを確認いたします。私も皆さんも、できる事であれば台風が何事もなかったかのように通り過ぎてくれるのを望むのが本音だと思います。ただ避けられない台風もあります。事前の「備え」をしっかりとして、少しの被害もでない事を祈りたいです。