Loading

新着情報 News

色彩計画

家づくりを考える際に間取りや外観などたくさん悩まれると思います。その中でも壁紙や床は将来をイメージしてたくさんある中から部屋に合ったものを選ぶので悩んでしまいますね。そんなお悩みの力になれればと思い、お部屋の色彩についてお話します。

お部屋の色彩については「ベースカラー」「アソートカラー」「アクセントカラー」の3種類でまとめると考えやすいです。「ベースカラー」お部屋の7割方を占める色で主に壁や床、天井の色を指します。たいていの部屋では白やベージュ系になると思います。壁などに鮮やかな色を使うと落ち着かない部屋になってしまうので、馴染みやすい色を使うと家具なども合わせやすいですね。「アソートカラー」お部屋の2割以上を占める色で家具やカーテンなどがあたります。お部屋のイメージになる色なので好きな色を使うといいです。しかし好きだからと言って複数の色を使うとまとまりがなくなってしまうのである程度同色系の色にしましょう。またベースカラーと近い色を使えば統一感のある部屋に、対照的な色を使えば変化のある部屋になります。「アクセントカラー」小物やクッションなどお部屋の1割も満たない色になります。お部屋にメリハリをつけたり、視線を集めたりします。ただ「派手な色・目立つ色」=「アクセントカラー」ではなくベースカラー、アソートカラーとは色味や明るさが違う色のことを指します。例えば白系統のお部屋に黒の小物を置けばアクセントカラーになります。重要なのは周りの色と違いをつけることですね。お部屋の色彩について3種類、お話をしましたが部屋の使い方やイメージによっては異なるかもしれないので参考程度で聞いてもらえるとありがたいです

次に色の効果、特色についてお話しします・「白」軽く、開放感のあるイメージ。白は広く見せてくれるのでリビングやダイニング、人が多く集まるところに使うといいでしょう。・「黒」「グレー」白とは逆に重く落ち着いたイメージです。書斎などに使うと落ち着いた雰囲気になり作業に集中できるかもしれません。・「赤」「オレンジ」「黄色」系統。暖かみのある色で暖色と言います。暖色は暖かみのある空間を作るので寒い部屋や北向きの部屋に使うといいでしょう。しかし暖色は前に迫って見える進出色です。空間を狭く感じさせますので、狭い部屋だと息苦しく感じるかもしれません。また気持ちを高ぶらせる作用もある為、興奮色とも言われます。寝室や寝床から見える面、書斎などには使われないほうがいいでしょう。・「青」「水色」系統。寒さや冷たさを感じる色で寒色と言います。涼し気に演出したい部屋に向いています。高ぶった気持ちを抑えるため沈静色とも言われます。寝付きが悪い人は寝室に取り入れるといいでしょう。寒色は暖色と反対に後ろに下がって見える後退色です。広く見せるには効果的です。

色彩についてお話をさせてもらいましたが、もし模様替えや新築を建てる際に参考になれば嬉しいです。