ソラマドの家 施工事例 

【走って…見上げて…空を知る家!】  常滑市・M様邸(2013年9月お引渡し)

外から見たら家なのか?店なのか?倉庫なのか?わからない。これも個性です。

ソラマドW

長男が生まれ、賃貸アパートでは手狭になり、
長男が家の中でも思いっきり走る事が出来る家づくりを考え始めました。
そんな時…ソラマドの家のモデルハウスを見て一目ぼれして決めました。



窓のある面…顔に見えませんか?
長男の友達に「真っ黒な顔の家」に集合~って言われたら・・・。

ソラマドWソラマドW
外構は自分達で考えました。レンガも自分達で敷きました。


ソラマドW
ダイニングテーブルがいらない「ソラマドキッチン」
キッチンからはデッキも見渡せるので子供が一人で遊んでいても目が届くので安心です。


ソラマドW
階段下は僕ともうひとりの家族「ロコ」のお気に入り。


ソラマドW
家の中も外も全部子供の遊び場。
ソラマドW
ここのベンチはお気に入り。お風呂も覗けちゃう~。
ソラマドWソラマドW
パパとママをここから「お~~い!」と呼んでみます。


河井建築を選んだ決め手は何ですか?
【家づくりでこだわった事やお気に入りスポットを教えて下さい。】
こだわりは空の見えるお風呂とタイル貼りのキッチン。
デッキのベンチに座って、子供とおやつを食べたりお茶をするのがお気に入り。

【家づくりの思い出や記憶に残っているエピソードはありますか?】
家族内会議の長さや買い物で悩む事が楽しかったです。
人見知りな息子が打ち合わせ中にスタッフの人や
工事中に大工さんに懐き、とても楽しそうだった。

【ソラマドの家に住みだしてから変わった事、良かった事はありますか?】
TVを付けなくなった。
子供が家の中を思いっきり走り回っている。
床が杉板で柔らかいので転んでも痛くなさそうで良かった。

【ソラを感じ、開放感を楽しむ暮らし!】  刈谷市・M様邸(2013年10月お引き渡し)
他にはない印象的な外観。
家の中に広々としたソラがあるのは外からはわかりません。
ソラマドW
無垢材、塗り壁といった自然素材で家づくりをしたい。
そしてデザインもみんなから素敵と言われるような家に住みたい。
従来の間取りの常識にとらわれる事のなく、室内を自由にレイアウトし、
家族のライフスタイルに合わせた「どこにもない自分達だけの家を作りたい」
とずっと考えていたM様ご家族でした。
そんな時、家カフェに参加した「ソラマドの家」には全てがありました。



ソラマドW
大きなカウンターキッチンを中心にしたリビングに
家族が集えばお料理しながらの会話も弾みます。

ソラマドW
暗くなりがちな玄関も2階からの光で明るい。螺旋階段は日常をオシャレに演出してくれます。
ソラマドW
1階のデッキ。格子を閉めれば青空、夜空を独占しながらゆったりしたひと時を過ごせます。



ソラマドWソラマドW
南面の大きな窓から差し込む光と白いソラコッタの壁で子供部屋はいつも清潔感にあふれた明るさです。
2階のホールにある飾り棚にある洗面。遊んだ後は自分で手洗い。



ソラマドW
「パパ行ってらっしゃい!」2階の子供部屋からでもお出かけするパパをお見送りOK.


河井建築を選んだ決め手は何ですか?
【M様ご家族から伺いました】
「自分達で家を建てるなら、こうしたい!って思っていたものが
ソラマドの家にはすべて揃っていました。家カフェにお邪魔してほとんど即決でした。
今は朝日も夜空も自分達だけの空のある生活をしています。」と笑顔のM様ご家族です。


ソラマドWソラマドW
ソラマドファミリ―様大集合の家カフェ。
ソラマドの事だけじゃなく子育て、インテリア、パパ談義も楽しそう。

ソラマドの家 施工事例

【遊び心のない家じゃつまらない!!】  刈谷市・W様邸(2013年4月施工)

濃紺のガルバリウムの外壁が静かな住宅街にひときわ映えます。

ソラマドW

自分が小さかった時、どんな家でどんな事をして過ごしたか…思いだしてみてください。
かくれんぼをした、兄弟ケンカした、食卓の自分の席で宿題や勉強をしてた。
浮かんだ記憶はそっと手のひらに包みたいような柔らかいもの。
子供達の為に、そんな思い出が残せる家をつくってあげたい…
W様ご家族の家づくりが始まりました。


ソラマドW
アイディア豊富なパパの提案で、壁にはボルタリング、吹き抜けにはウンテイ。
子供達が喜ぶものばかり!

こんな使い方してますよ。
ソラマドWソラマドW
壁を登り、吹き抜け部分のウンテイへ飛び移り、階段を使わなくてもここから2階へ行けちゃう2人。


ソラマドW
家の中で遊んだ後は、大好きなママが作ってくれたおやつを一緒に食べればいい感じ。
ママは作り付けの後ろの棚とたっぷりの吊り収納で効率が良さそうです。


ソラマドW
子供達は、家の中だけでなく、外の広いデッキも遊び場です。
休みの日はパパが活躍するバーベキューもここで出来ます。


ソラマドW
2階の子供たちのいるところ。左上の吊り戸棚は将来はベットになる予定。


河井建築を選んだ決め手は何ですか?
【どんな家づくりでしたか?】
子供達が育つ時に、開放的で思い出がたくさん残せる家にしてあげたいという思いがありました。
以前の家の近くに建てたので、友達もたくさん遊びにきてくれる環境が出来ました。

【家づくりの感想は?】
建てている時に、みんなの手形を内壁につける「手形式」や
家族全員で壁塗りをやったり、住む前から「一緒に建てた家」という思いが強いです。
楽しく満足な家つくりが出来ました。

【2世帯住宅で暮らすソラマドの家】  岡崎市・K様邸(2013年9月施工)

中の様子が想像できない外観。
ソラマドW
K様ご家族は、分譲マンションを購入して2人の男の子と4人で生活されていました。
マンションの生活は快適でしたが、奥様の心にひとつだけ不安なことがありました。
「私達3姉妹が育った家が古くなっており、この先安心して両親に暮らしてもらう事が出来ない…。
それが心配なんです…。」
そこで、ご両親を交えて話し合いを重ね、2世帯住宅を建てる事になりました。


ソラマドW
ご両親のスペース。平屋で生活してもらえるようになっています。
キッチンも使い慣れたシステムキッチンにしています。
ソラマドWソラマドW
長い土間の先に見える杉板の扉の向こうが若い世帯のスペース。 家族で塗ったデッキ横の目隠し壁。


ソラマドW
みんながいるところ。やっぱりソラマドキッチンは使い勝手が良さそうです。


ソラマドW
2階のスペース。長いカウンターでしっかり勉強します。


ソラマドW
グリーンの扉の中の謎のスペース。
ここはパパが趣味のバイクをカスタマイズするところ。


ソラマドW
みんなでニコニコのお引き渡し。素足で杉板の感触good!

ページトップへ